2019/05/24

ドアクローザーの速度調整による安全

ドアクローザは安全面において重要な
意味をもっています。
開けられたドアを静かに
確実に閉めてくれる働きは
子供がいる家庭には必須の装置です。
ドアに手を挟んで怪我をすることなど
あってからでは遅いです。
よく見るところでいうと、玄関ですが
リビングなどにも使用されており
もはや、これがない現在の建築物は
かなり少ないですね。

下のサイトでは実製品をとりあげており、
ドアクローザの角度調整や速度調整についてもとてもわかりやすいのでお勧めです。

以下にまとめとして、抜粋ですが
ドアクローザの簡易的な自己点検の項目を上げておきます。

■ 閉じる際、『パタン』と大きな音がなる、また変な音がする
■ ドアクローザの速度が急に速い箇所がある
■ 扉の開閉時において停止位置が毎回異なる
■ ドアクローザの速度が徐々に速く(遅く)なる
■ 扉の速度が急に遅くなった。


ドアクローザー・速度調整・角度調整
http://www.cts-bigboy.com/images/basic_k.pdf
posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | ドアクローザーの速度調整による安全
前の記事 > ドアクローザーの速度調整 | 次の記事 > ドアクローザの働き